沈下橋の飛び込みを終えて、
再び出発しますが、
ここからが難所がありますとのこと・・・

沈下橋の下をくぐり、
すすんでいくと、先のほうから水の音が聞こえてきます。



水しぶきが飛んでいます。
大きな船だったらいいんですが、
カヤックぐらいだと、これはちょっとあせる。

さてと、ここもトップバッターで向かいます。



最初は落ちまいとほんと必死でした。
転覆したら、水流に巻き込まれて、
しばらくは上がってこれないですよ。
とか脅かされましたので。



慣れてくると、パドルワークで、
動けるし、スリルがあって面白い。

でも、落ちたくはない〜〜〜
最後はミスってぐるっと一回転してしまいましたが・・・



なんとか無事に脱出・・・

終わってみると、
もっと激しくても良かったな〜〜とか、
勝手に思ってしまう。

意外と川の流れって複雑なので、
実際に巻き込まれたらほんと出てこないかも。
川の真ん中でも渦巻いている場所が結構あったりします。



それにしても本当によい天気になりました。
雨が降らなければ良いなあ〜と思ってたんですが、
昨日とはうって変わって、
青い空に、白い雲、青々とした山の緑が本当に綺麗。
まさに夏の風景ですね。
後半は川幅も広がり、穏やかでした。

沈下橋の時に、四万十川は暴れ川という話をしましたが、
4年前の台風の時には水面が14mも上昇したということで、
去年の台風も結構増水したようです。
そんな姿も感じられないほど穏やかでした。

川の流れがあった分だけ、
当初の予定よりも30分以上、終了してしまいました。
穏やかな日だと、パドルを漕ぐのもしんどいですよ〜。
ということだったので、ある意味ラッキーだったと思います。
でも、増水していた分、水は濁っていましたけどね。



目的だった四万十川カヤックも無事終了。
まだ高知県の西部にいます。
ぼちぼち帰るとしますか・・・


カヤック体験施設
かわらっこ
http://www.kawarakko.com/

写真はCDに焼いてくれて1,000円。
有効活用できました。