外が明るいと自然と目が覚めてしまう。
睡眠時間はわずか3時間。
このまま寝ていたい気分だが、
朝食の時間も決まっているし、
西表島への移動もある。

かなり眠たいのだが、
長時間だらだらと飲んでいたせいか、
ほとんどアルコールは体に残っていないのが救い。

 

あらためて自分の泊まっていた部屋を見ると、
シンプル・・・質素すぎる。
これが真夏だったら、かなり暑そうだ。

各棟の中心にある憩いの場です。
これがあるかないかで、
宿の雰囲気がだいぶ変ってくると思います。
日中は誰かしら座っているので、
話し相手には事欠かないでしょう。



朝食も同様にみんなで準備します。
家では配膳もしないのに、
旅先でするなんて、申し訳ない気もする。



本気で目玉焼きでも後からのせにくると思ってました。
ハムは分厚かったんですが、
ちょっとおかずとしては寂しい。
漬物が大活躍しました。

荷物をまとめて、
憩いの場で宿のひとたちと話をしたり、
アドレスを交換したりしました。
しかし、携帯の赤外線機能の使い方が、
まったく分からない・・・。
海外だと携帯なんて使えないから、
アドレス帳もってたりして、書いたりするからな・・・



船の時間が近づいてきたので、
港へいくと、こんなにも島に人が居たのかとびっくり。
午前の唯一の便だし、
昨日帰れなかった人もいたから、余計に多かったとは思います。

のんびりしすぎて宿代を払うのを忘れてて、
おばちゃんが港まで集金に来てくれました。
ごめんなさい。

船に乗れるのかと心配にもなりましたが、
実際は帰る人より、見送る人のほうが多かった。



宿のみんなに別れを告げて、
船に乗り込むとあっという間に、鳩間島の島影が遠くなっていきました。
手を振りにデッキに出る余裕もなく・・・

たった1泊しかしなかったけど、
いや見るだけなら1泊だけで十分な気もするけど、
旅人がいっぱいいるなら、もうちょっとのんびりと泊まりたかったなあ。